不眠とは?

不眠と不眠症は同じようで違う

なかなか寝付けない・・こんな状態が頻繁に続くことを不眠、もしくは不眠症といいます。

この両者は同じ意味に思えますが、実はまったく異なるもの
不眠と不眠症とは定義が違いますので、そこのところを注意しておかなくてはいけません。

不眠症といわれる定義としては、以下の条件が当てはまります。

①入眠障害・中途覚醒・熟眠障害・早朝覚醒のいずれかがある。
②不眠を感じる日が週に2回以上ありそれが1ヶ月以上も続いている。
③苦痛を感じる。日常や仕事においても影響が出てきている。

この不眠症の定義すべてを満たさない状態不眠といいます。
例えば、入眠障害・中途覚醒・熟眠障害・早朝覚醒のいずれかがあっても、それが週に1回あるかないか、なんてものはただの不眠となるのです。

ちなみに、入眠障害は寝入りが悪い事をいい、その目安としては30分以上布団に入っても寝付けない場合をいいます。

中途覚醒にはいくつかタイプがあり、尿意を感じで起きたり、一度起きたら寝れない、何時に寝ても必ず早朝になると目が覚めて二度寝できない。
など、さまざまな理由で寝たり起きたりを繰り返すことをいいます。

熟眠障害は、一度寝ついたのにその眠りが浅く、夜中に2~3回以上目が覚めてしまう事をいいます。
早朝覚醒は、その名の通りに朝早くから目が覚めてしまい、それ以降眠れなくなることをいいます。

不眠の原因はストレスや精神疾患

不眠にしてしまう原因はさまざまです。
どんなものがあるのかというと、以下のようなことが挙げられます。

①精神生理学的要因による不眠

環境の変化によりストレスが原因となって不眠に。
身近な人の死、転職、入試、生活への不安。
また、旅行や身内の家への居候など…自宅とは違う環境に置かれることで起こることもあります。

②神経性不眠

一過性で終わらず、いつまでもずーっと変わらず不眠の状態が数週間ほど続くこと。
不眠症に近いもので、神経質な人ほど陥ってしまいがち。
眠らなくては…と思うあまり、体が緊張してますます眠りにくくなると悪循環に。

③精神疾患による不眠

神経症や分裂病、躁うつ病などに人に見られる睡眠障害。
うつ病において不眠は重要な症状の一つで、初期症状からみられます。

現代社会はストレス社会といわれるほど、受けるストレスも半端なく大きなものとなっています。
それが不眠といった事態を引き起こしているとなると、まずは上手なストレス発散が必要ともいえます。
また、精神疾患の発症を示す兆候ともなっているようですから、たかが不眠と甘く見てはいけないのです。

不眠は肥満や鬱などの原因となります

良質な睡眠を得られないことは生活においてさまざまな支障をきたす原因となります。集中力の低下などによる生産性の低下など、仕事においても低いパフォーマンスの原因なりますし、それによって心労が重なり鬱などの引き金にもなります。

また、不眠で食欲が増すことも大学などの研究機関による研究によって明らかとなっており、肥満の原因になるとも言われています。肥満治療を行う医療機関のダイエット外来などの生活習慣改善指導の中には良質な睡眠時間の確保といった項目がある病院もあります。良質が睡眠で食欲を抑え、ダイエット効果を発揮できるというわけです。>>ダイエットができる病院はこちら